FC2ブログ
福井県嶺南、若狭町、若狭地域の観光情報などを記載
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
明通寺
明通寺

 大同元年(806)桓武天皇のとき、征夷大将軍坂上田村麻呂公が蝦夷征伐に際して創建したと伝えられています。縁起によると、今の本堂、三重塔は中興の僧頼禅が棟上し、その他鎮守堂、大鳥居など24坊があったと伝えられています。
 国宝の本堂は、正嘉2年(1258)に建立された、入母屋造桧皮葺、桁行5間(14.72m)・梁行6間(14.87m)の建物です。屋根の勾配のきつさと、柱と柱の間を幅広くとるなど建築資材の使い方や組み方が豪壮です。武家社会の円熟期の象徴とされる建物です。
 三重塔は、文永7年(1270)建立の、初層平面方三間(4.18m)総高22.12m、桧皮葺木造三重塔婆。全体的なバランスの良さや組ものの精密さなどから、高度な建築技術を駆使しており、国内でも鎌倉建築を代表する建造物です。
 平安後期作の国指定重要文化財、木造降三世明王立像(像高252.4cm)、木造深沙大将立像(像高256.6cm)、木造不動明王立像(像高161.8cm)などを所蔵しています。
 本堂の正面左側にある池のほとりには、小浜を詠んだ水原秋桜子の歌碑があります。樹齢500年のかやの巨木も見ることが出来ます。


●お問い合わせ
 真言宗御室派
 小浜市門前 TEL.0770-57-1355
●拝観料 400円
●交通など
 小浜駅から 4Km
 アクセス JR「東小浜駅」 2Km
 駅にレンタサイクル有り

北陸自動車道敦賀ICから車で60分
舞鶴若狭自動車道小浜西ICから車で40分

●・本堂(国宝) : 鎌倉時代中期
 ・三重塔(国宝) : 鎌倉時代中期

DSC_4513.jpg

DSC_4501.jpg
DSC_4504.jpg
スポンサーサイト

コメント

管理人にのみ表示


トラックバック
TB*URL

© 若狭路観光案内. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。